ドック

各種検診・ドックについて

ドック

当院では、特定健診や後期高齢者健診、就学時健康診断、就職時健康診断、各種検診、肺ドックなどを受け付けております。現在の健康状態を確認するとともに、生活習慣病などの早期発見・早期治療につなげるため、各種検診をご活用ください。なお、健診などの際には事前予約が必要です。希望される方は、お電話または電子メールにてご連絡ください。

0745-73-6474

健康診断で行われる主な検査項目

基本的な項目
・既往歴の調査(これまでに罹患したことのある病気、服薬歴、喫煙習慣など)
・身体診察(自覚症状や他覚症状の有無)
・身長、体重、腹囲の検査
・BMIの測定(体重と身長に基づく肥満度)
・血圧の測定
・肝機能検査(AST、ALT、γ-GTP)
・血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールなど)
・血糖検査(空腹時血糖、またはヘモグロビンA1c)
・尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無)
など
詳細な項目
・貧血検査(貧血の既往歴を有する者、または視診などで貧血が疑われる者)
など

肺ドック

肺ドックもできるようになります(2022年夏 CT導入予定です)

当院では肺ドックも行っています。日本人の死亡原因の第一位は悪性新生物ですが、この中でも特に多いのが肺がんです。進行すると治療が極めて難しくなり、命に直結します。タバコを吸われる方はリスクが高いのですが、吸われない方であっても、肺がんでお亡くなりになるケースが少なくありません。

そのため、早期発見・早期治療が大切なのですが、一般的に行われている胸部エックス線検査では不十分なことがあります。悪性腫瘍ができる場所によっては、心臓などに隠れて発見しにくい症例が少なくないのです。当院では、エックス線撮影だけでなく、肺の断面を小刻みに映し出すことが出来る肺CT検査を行えます。50歳以上の方、長年タバコを吸っている方は特に肺がんのリスクが高いので、定期的に肺ドックを受けられるようお勧めいたします。