在宅酸素

在宅酸素療法とは

在宅酸素

在宅酸素療法は、専用の医療機器をご自宅で使用して酸素吸入することにより、慢性呼吸困難状態を改善させる手法です。肺炎や肺癌が悪化しているときは医療機関内で対応いたしますが、病状が安定している患者さんならば、医師の判断に基づき、ご自宅など医療機関以外の場所で酸素を吸入することが出来ます。
患者さんのご自宅に酸素供給機器を設置し、さらに持ち運び用のボンベや酸素濃縮器もセットでお届けいたしますので、呼吸状態の改善が必要なときは24時間いつでも対応可能です。

在宅酸素療法が必要な理由

COPD(≒肺気腫)や間質性肺炎、心疾患、肺癌等によって慢性的に体内の酸素の濃度(SpO2)が下がってしまうと、体がそれに慣れてしまいます。慣れるというと良さそうに思いますが、実はこの慣れが非常に怖いのです。健康な方であれば、体内の酸素濃度(SpO2)が低下すると息苦しさが出現することで危険信号を発します。いわば黄色信号のようなもので、「何か体内で異常事態が起こっている」ことを知らせてくれるのです。しかし慢性的にSpO2が低い方は、その黄色信号(息苦しさ)が発されることなく、いきなり倒れてしまったり、病院を受診するタイミングが遅れてしまったりするのです。
また、慢性的にSpO2が低いと、肺高血圧という病気を併発してしまいます。肺高血圧を発症してしまうと極めてきつい呼吸困難症状が現れる一方、肺疾患に伴う肺高血圧は一切治療手段がありません。よって、この肺高血圧になってしまう前にしっかり酸素吸入をしてSpO2が低下しないように保ち、肺高血圧にならないようにすることが非常に大切になります。

一方、むやみやたらに酸素を吸えば良いというわけでもありません。多すぎる酸素投与がむしろ有害になりうる疾患もあります。当院の呼吸器内科医師はこれまで数えきれないほどの在宅酸素療法を行って参りました。適切な患者さんに適切な量の酸素を調整することはやはり専門的な知識や経験が必要です。在宅酸素を希望される患者さんや、現在他院ですでに導入されている患者さんも含めまして、いつでもご相談を受け付けております。