内科

内科のイメージ写真

西川内科・呼吸器・整形外科クリニックでは、専門医による呼吸器診療を中心に、一般内科として高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病まで、全身の様々な病気を診療します。

これまでの地域中核病院における豊富な臨床経験を活かしながら丁寧に診察し、治療を行っております。「調子が悪いのだけれど、どの診療科を受診したらよいのか分からない」という曖昧な場合も、まずは内科をご受診ください。

内科について

西川内科・呼吸器・整形外科クリニックでは、専門医による呼吸器診療を中心に、一般内科として高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病まで、全身の様々な病気を診療します。

これまでの地域中核病院における豊富な臨床経験を活かしながら丁寧に診察し、治療を行っております。「調子が悪いのだけれど、どの診療科を受診したらよいのか分からない」という曖昧な場合も、まずは内科をご受診ください。

生活習慣のアドバイスも行っております

多くの方の健康を脅かす糖尿病や脂質異常症、高血圧症など。こうした生活習慣病は、今はなんの症状もなくても、長年にわたって放置すると心筋梗塞や脳卒中などを引き起こし、命の危険にさらされることも少なくありません。しかし、定期的に医療機関を受診して必要なアドバイスを受け、皆さま自身の生活習慣を見直すことによってリスクを減らすことが出来ます。重症化して手遅れになる前に医療機関を受診されるようお勧めいたします。

一般内科で扱う主な症状

  • 足や手などの皮膚がむくんでいる
  • 疲れやすくなった、疲労感が抜けない
  • 体重が減った、増えた
  • 吐き気を感じることがある
  • お腹の調子が悪い
  • 食欲がなくなってきた
  • 肩こりがひどい
  • 健診で引っかかった

    など

一般内科で扱う主な症状

※発熱や風邪症状の場合、新型コロナなど感染症の可能性もあります。事前に当院までお電話にてご連絡いただき、症状をご説明いただいてから受診されるよう協力をお願いします。

内科の主な診療内容

糖尿病 高血圧 脂質異常症 痛風 メタボリックシンドローム 風邪症候群 インフルエンザ 腹痛 下痢 便秘 嘔吐 頭痛 胸痛 呼吸困難  など

生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病には、糖尿病、高血圧、脂質異常症などがあります。いずれも過食や偏食、運動不足、喫煙、過度の飲酒といった生活習慣の不摂生だけでなく、遺伝的な体質も主な原因となって起こる慢性疾患です。初期の段階では殆ど自覚症状がないため、放置されている方も少なくありません。しかし、病状が徐々に悪化していき、あるとき突然、心筋梗塞や脳卒中の引き金ともなります。当院では、症状が現れる前の早めの段階から治療を進めていきます。患者さんの状態を見極め、必要なお薬を処方いたしますので、まずはご相談ください。

糖尿病

血液中に含まれているブドウ糖は、インスリンの働きによって細胞に取り込まれてエネルギー源となり、血糖値が高くなり過ぎないよう調節されています。しかし、遺伝的な素因がある方や、不摂生な生活習慣などを続けている方は、血液中のブドウ糖を細胞内にうまく取り込めなくなり、血液中にブドウ糖がだぶついてしまうことがあります。これが糖尿病です。長期にわたり血液中のブドウ糖の過剰な状態が続くと、全身の血管に様々な問題が現れ、悪くすると心筋梗塞や脳梗塞で命を落とします。人工透析が必要な患者さん、失明された患者さんの中には、糖尿病を放置していたことが原因のケースも少なくありません。このような事態を引き起こさないよう、早めに医療機関を受診しましょう。

高血圧

高血圧

高血圧は、文字通り血圧が一定範囲を超えて高く維持されている状態です。診察室で測定する場合は、収縮期血圧が140㎜/Hg以上、拡張期血圧は90mmHg以上が目安となります。他の病気の状況によっては、これ以下でも治療が必要となることがあります。血圧の高い状態が続くと、血管壁が圧力によるダメージを受けるため、壁が厚くなったり、硬くなったりします。このような動脈硬化になると、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを引き起こしやすくなりますので注意してください。

脂質異常症

脂質異常症は、血液に含まれる悪玉コレステロールや中性脂肪が多過ぎたり、善玉コレステロールが少な過ぎる場合に引き起こされる病気です。コレステロール自体は体にとって必要な成分ですが、脂っこいものを食べ過ぎたり、不摂生な生活を続けていると、悪玉コレステロールが異常に増えてしまい、様々な病気の原因となります。放置すると動脈硬化が進行し、やがては心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高まります。初期の段階ならば、食生活を見直し、タバコを吸われる方は禁煙し、適度な運動を毎日続けることで改善する場合もあります。しかし、脂質異常症は遺伝的な素因も大きく関与しているため、お薬による治療が必要となる場合も少なくありません。

発熱外来

発熱外来

内科・呼吸器の地域のかかりつけ医として、「風邪症状(発熱、発症2週間以内の咳、のどの痛み等)がでたら診てもらえない」という不安を解消するためにすべての患者さんを診察させていただくつもりです。
熱や咳がでているという理由で診察をお断りすることはありません。ただし風邪症状のある患者さんは完全予約制とし、動線を完全に分けることで、診察と院内感染予防を両立できるものと考えています。

普段のかかりつけ患者さんにも、発熱患者さんにも安心して受診いただける環境を提供させていただきます。

受診手順

発熱や風邪症状(発症2週間以内の咳、のどの痛み等)がある方は、動線を分けて完全予約制で診療致します。

  1. まずはwebもしくはお電話(0745-73-6474)にてご予約をお願い致します。
  2. 当院に到着されましたら、まずは0745-73-6474にお電話ください。お車でご来院の方は、医師がお車までお伺いしますので車内でお待ちいただくようお願い致します。徒歩やバイクでご来院の方は院外の発熱者専用の診察室にご案内致します。
  3. まずは抗原検査を行い、その結果次第でその都度対応をご説明させていただきます。

ワクチン(小児・成人)

当院では公費(無料・一部負担)のワクチン以外に、自費のワクチン接種も行います。

  • おたふく
  • 公費対象の期限が過ぎてしまった方、公費対象年齢外の方
  • 血液検査で抗体が少ないと判明した方(風疹など)
  • 肺炎予防のために肺炎球菌ワクチンを希望される方

など、ワクチンを希望される患者様に接種を行います。
ワクチンは完全予約制になりますので、あらかじめご予約をお願いします。
Web予約をされる方は備考欄に希望するワクチンをご記載お願いいたします。

製品名 自費負担額
(税込み)
ロタウイルス ロタリックス 14000円
B型肝炎 ビームゲン0.25 5200円
ヘプタバックス0.25 5400円
ヘプタバックス0.5 5700円
ヒブ アクトヒブ 7500円
肺炎球菌 (小児成人)プレベナー13 0.5 10500円
(成人)ニューモバックス 公費 8260円
4種混合 クアトロパック 10000円
テトラピック 10100円
3種混合 トリビック 4700円
2種混合 DTビック 4500円
BCG 乾燥 BCG 8000円
MR(麻疹・風疹) 乾燥弱毒生麻疹風疹混合 9500円
麻疹のみ 乾燥弱毒生麻疹ワクチン 6200円
風疹のみ 乾燥弱毒生風疹ワクチン 6000円
水痘 乾燥弱毒生水痘ワクチン 7900円
日本脳炎 ジェービック 6600円
エンセバック 6600円
おたふく(任意のみ) 乾燥弱毒生おたふく 6200円
不活化ポリオ イモバックスポリオ 8900円
子宮頸がん サーバリックス 2価 公費 16500円
ガーダシル4価 公費 16000円
シルガード9 自費 26500円
帯状疱疹 シングリックス 21200円
インフルエンザ インフルエンザHA 3500円
破傷風 沈降破傷風トキソイド 1200円